プログラミングのスクールは始めが肝心

小学校でプログラミングが必須教科となることが決定し、今何かと注目を浴びているIT教育。

親世代には苦手意識が先行してしまう人も少なくないかもしれません。子どもが習い始めたらサポートしてあげることが出来るのだろうか、などと心配しているという声も良く聞かれますが、なんとなく難しいイメージで必要以上に構えてしまっているのかもしれません。そんな人におすすめするのが、実際のスクールを体験してみるといこと。プログラミングのスクールは、レベルや学習する内容によって様々なカリキュラムが組まれています。

特に子ども向けのスクールを体験してみると分かるのですが、最初はゲーム感覚で取り組めるようなイラストなどを多用したレッスンで、子どもたちも本当に楽しそうに授業に取り組んでいます。小さな子どもはキーボードの操作にも不慣れかもしれませんが、初心者から無理なく学べる工夫がされていることが分かると思います。

プログラミングは将来、エンジニアなどの職種に就く場合の基礎となる知識になります。この分野は本当に奥が深く、学ぶことに終わりがありません。決して簡単ではないため、レベルが上がってくると挫折してしまう人も多いのが現状。せっかく楽しく始めたのにそうなってはもったいないですね。そのために基礎固めが重要になってきます。分からなくなったらすぐに基本に立ち戻る。スクールでも、分からないことがあったらすぐに質問し、解決することが望ましいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *