現代は『カード化社会』とも呼ばれ、あらゆる情報がカードで管理されるようになりました。かつては紙印刷だったものが、丈夫で折れにくくコンパクトで、長く保存のきくカードへと変化するのも、自然な流れと言えるでしょう。昔はカード印刷というと、公共機関や大手企業が営利または社員の情報管理、セキュリティ目的で発行するものでした。しかし、カード化社会と呼ばれる現代、印刷技術や品質は向上し、格安料金や少部数生産、記録可能情報の多様化によって、どんどん一般化しています。

これからはどんな小さなショップや企業でも、カードで情報管理をするのが当たり前の時代がやってくるに違いありません。現に、最近では旧来の紙印刷で、店員がお客様のご利用金額のぶんだけ手押しのスタンプを押してゆくようなスタンプカードは少しずつ消えてゆく傾向にあります。今ではちょっとした店舗でも機械にカードを通すだけで利用日時や金額が印字されてゆくタイプのカードが一般化しつつありますね。詳細な情報管理が可能なカード印刷は高額なイメージがありましたが、専門業者の登場によって、こういった複雑な機能や情報を備えた商品もリーズナブルな価格・少部数・短納期で作成できるようになりました。

こういったカード印刷はほとんどがposシステムと連動できるようになっており、顧客情報の管理ばかりではなく、売り上げ記録などにも役立つようになっています。お店にとっては、忙しい時間帯にスタンプを手押しで押さなければならない手間を省略できるだけでも、時間と労力が削減できますね。便利なカード印刷で情報管理を効率化し、業務全体の円滑化を実現しましょう。