コピー機をレンタルすることとともに、最近よく聞かれるのがリース契約でコピー機を調達することではないでしょうか。これらは仕事場で使うときの感覚から言えば似たようなものに思えますが、どう違うかと言うと、前者はコピー機をレンタル会社から借りることで、取り扱っているのが中古品メインなのですが、後者は一般的な販売店などからリース会社が購入する新品を持ってきてもらうということがあります。レンタルの場合予めレンタル会社が持っている機材の中から選ぶのですが、リースだとユーザーの希望する、好みの機種を頼むことが出来ます。レンタルの場合は比較的短期間の契約で月々レンタル料を払うのに対し、リースは割に長期契約を結び、新品である利用機器の元々の代金全てを契約期間中に全て払い切る形になるよう、月々支払っていくという違いもあります。

そのため、仕事におけるコピー機の重要度がそれほどでもなくて、使う分だけ用意出来ればよいとか、新品がいいけれど自分たちの都合に合わせて支払いをゆっくりやっていけたらとかいった事情に合わせて契約を選択するとよいと思います。コピー機を使う際に気になるのがインクについてですが、これはリース契約ではインクが切れる度にインク代を支払っていく形態を取るのではなかったりします。カウンター保守契約と言う、その月の印刷枚数によって決まる金額で、インク代も含む本体価格以外の雑多の経費の支払いを、月々の本体価格の支払いと共にやっていくことになっています。