会社でコピー機をレンタルする場合、真っ先に目がいくのがコスト面です。会社によって出せる費用には差があり、一番リーゾナブルな機種の中からしか選定できないケースもあります。もちろん予算をオーバーしてはいけませんので料金を見てから選ぶのが鉄則ですが、レンタルのコピー機選びはそれだけでは決められない部分もあります。例えば、使い勝手は機種によって大きく異なるため、実際の利用シーンを考えながらより業務にマッチしたものを選ばなければなりません。

業務にマッチしたコピー機をレンタルできれば、日々の作業もスムーズに進められるようになりますし、時間を更に有効活用できるようになるので、導入して良かったと思えるはずです。細かな内容に関しては商品紹介のパンフレットに載っていますので、決めるまでは隅々まで目を通しましょう。最終的に2~3の機種に絞り込んだら、あとはランニングコストの試算を出してもらうのがお勧めです。試算すると、実際にかかる料金には差があることが分かります。

コスト面で気を付けたいのは、印刷した枚数をカウントしてその枚数に応じて料金がかかるパターンと、印刷枚数とは関係なくトナー交換の際に料金が発生するタイプとがある点です。どちらの方がお得になるかは使い方次第であり、いつもどの程度の枚数を印刷したりコピーしているのかを考えると具体的な数字が出ます。大きい会社ではそのあたりのシミュレーションも自分たちで行いますが、業者側でもやってくれるので依頼しましょう。コピー機のレンタルのことならこちら