新たにコピー機が必要になった時、まずはレンタルする際のプランを確認しましょう。一見すると定額プランがお得に見えますが、あまりたくさん使わない会社ではそうとも言い切れません。レンタル会社でもコピー機ごとに料金を設定していて、定額にした方が良い場合と使った枚数分を支払った方が良い場合を教えてくれます。利用の仕方によって最適な方を提案してくれるので、分からない時には遠慮せずにどんどん聞きましょう。

提案書が提示される場合、このあたりの内容まで含まれているはずです。コピー機のレンタルでは、消耗品の取り扱いに注意が必要です。消耗品も別途料金がかかるのか、新しいものを購入したい時には簡単に頼めるのか等は大事な部分ですので、プランだけでなく詳細も見なければなりません。最近は消耗品を無料で提供するかわりにプリントした枚数でカウンタ料金を徴収する場合と、消耗品代がかかってカウンタ代が無料の場合とがあります。

いずれにしても、使い方によってお得な方が異なるので、毎月の使用数を確認する必要があります。しばらく使ってみて予想以上にコストがかかると感じる場合には、リースに切り替えるのも一つの方法です。リースの場合には短期の契約ではなく、1年2年と一定期間を契約するかわりに1か月あたりの料金が安くなります。これからも長く使うつもりならリースの方が最終的にはお得になることも多いので、使用する期間を考慮しながら決めましょう。