コピー機は、年々高機能になってきているということをご存知でしょうか。何より画面が大画面で、そしてタッチパネル式で操作の全てを行えるようにはなっているため、どのような社員であっても、機械が苦手な人であっても、簡単に操作を行うことができるよりもなるのです。以前であれば、新人などが来た時にそのコピー機の操作方法などについて教えなければいけない、と言った教育コストがかかってしまいましたが、そういったことも必要ないという点も入れますし、FAかける、スキャナ、プリンターのとしても利用できるため改めて総司とデバイスを揃える必要がないと言ったことで、スペース効率なども格段に上がるということが言えるのです。問題となるのは導入の際にかかってくる多額の費用ですが、リースサービスレンタルサービスなどを活用することによって、スムーズに導入することが可能になります。

リースやレンタルというのは、どちらも同じなのではないかともしかしたら思っているかもしれませんが、両社はしっかりと違いがあります。貸し出しをするという意味では同じですが、その期間の長さによって、呼び方が違うのです。3ヶ月や1年んど短い期間の貸し出しの方は、レンタルでそれよりも長い期間の貸し出しを行いはリースと呼ぶ傾向があります。リース契約の方が月々の支払いでは、かなり安くなるという傾向がありますが、一時的に必要な場合は、レンタルで十分と言えるでしょう。

またピースが終わった時に、また別のコピー機を利用して行くことによって、常に最新型のコピー機をオフィスで設置しておく、という形で利用できるのです。