オフィスや会社にコピー機を導入する際にはリースをはじめいくつかの方法があり、そのひとつがレンタルすることです。当然ながら、コピー機をレンタルすることによってメリットもあればデメリットもあります。先ずメリットに関して、そのひとつに短期間で借りることが出来る点が挙げられます。通常であれば2~3日、最短であれば1日から借りることが可能な会社もあり、短期間だけ利用したい場合に重宝すると言えるでしょう。

また、契約満了まで解約出来ないリース契約を異なり、いつでも解約可能な会社が多いことや、導入する際の審査が必要ないこととい気軽さもコピー機をレンタルするメリットのひとつです。さらに、機器の所有権が発生しないので購入した際に計上する必要のある減価償却や固定資産税発生しないことも利点だと言えます。一方デメリットとしては、リースよりも月額費用が高いことが先ず挙げられます。次に、機器を選ぶことが出来ないことが一般的であり、最新の機種やモデルの機器がリストにない場合が多く、導入したい機器がある場合にはそれが叶わないことも欠点のひとつです。

機種やモデルを選べばないだけでなく、中古品から選ぶことが多いこともデメリットであると言えるでしょう。中古であることから型が古かったり、メンテナンスがされていても故障のリスクもあります。加えて、搬入搬出費が掛かることもあり、特にクレーンで吊り下げが発生する場合には高額にある場合もあるので注意しましょう。