仮設事務所やイベント会場といった場所で短期間コピー機を使う際は、他のオフィスから移動させるのは大変ですし、新たに購入やリース契約で用意しても無駄になってしまいます。かといって家庭用のコピー機では業務用の代わりにはなりません。そんな短期間利用したい場所に適しているのが、レンタル契約のコピー機です。リース契約であれば数年間契約期間がありその間は解約ができませんが、レンタルは数ヶ月や数日といった短期間コピー機を利用でき、不要になれば中途解約も可能です。

月額はリースよりも高めですが、短期間なら必要な期間だけ支払いを行う方がお得なことも多くなりますし、料金に保守料金も含まれていて故障などの緊急時の対応もしてもらえるなら、安心して利用できます。また、リースでは必要になる審査もレンタルなら不要なので、審査に通らなかった会社でも利用できるのは魅力です。便利なレンタルですが、利用できるのが中古のみで、型落ち品なので性能が物足りない場合があるのはデメリットです。ただ、業務内容によって必要なスペックは異なり、必ず高性能なコピー機でないといけないということはありませんし、性能が良いものほど料金も高くなるため、必要以上にスペックが高いものを使っても無駄と言えます。

よいレンタル会社の最適なスペックのものを選ぶことで最もコストパフォーマンスが良くなりますから、どの程度のものが必要なのか検討して考える必要があります。