オフィスで利用しているコピー機を、仮設した事務所でも使いたい場合は新たに導入するよりもレンタルを利用した方がお得なケースがあります。仮説などからも期間が過ぎればその事務所は閉鎖するわけですから、ここにリース契約や購入したコピー機を置いても無駄が生じてしまうことになります。リース契約の期間は契約する会社にもよりますが、3~5年などの期間が一般的ですから1年にも満たない仮設事務所にリース契約で導入してしまうと、残りの期間それをどのように使うのか悩みを抱えることになるわけです。もし、現在オフィスで使っているものが古くなって故障も頻繁に起きてしまう、仮設事務所で利用した後にオフィス内で継続して使うのであればリース契約で導入しても良いわけですが、そうではないケースでは無駄になりがちです。

レンタルの場合は数か月間だけの利用もできる、1年間などのように比較的長期にわたり活用し続けることもできるため、リース契約で導入するよりも無駄がない、使いたいときだけで借りるといった考え方で利用できるメリットもあるのではないでしょうか。なお、コピー機のレンタル料金は、会社により異なりますし利用中の故障や保守などのサービス対応も異なりますので必ず数社を比較することをおすすめします。故障したときの修理費用は、故意に壊したものでなければ無償になる、消耗品でもあるトナーやドラムの交換費用が料金に含まれているなど料金形態をしっかり確認してから利用するようにしましょう。