オフィスや事務所を構える際には、仕事で使用するために必要となるデスクや椅子などの家具と一緒に、コピー機などのOA機器も必要だといわれています。近年は種類をコピーするだけではなく、プリンター機能やファックス機能、スキャンなど様々な場面で活用されておりビジネスの場では欠かせません。ある程度の枚数を印刷をする事務所などでは、これらの機能が全て搭載された複合機を導入する場合が増えてきていますが、新品のコピー機を導入するとなるとかなりのコストがかかってしまう恐れが出てきます。また仮事務所で一時的にコピー機の機能を利用したいという場合や、決算期だけコピー機をもう1台だけ増やしたいなど、期間限定で利用したい時などは購入するよりもレンタルサービスを利用したほうが格段に安く費用を済ませることが出来るといわれています。

コピー機のレンタルサービスの特徴の一つに、使った文だけの費用を支払うことになるので、手元資金にゆとりが出来るというメリットを持っています。購入だと中古のモノクロ機器にせざるを得ないような状況でも、レンタルを利用すれば高性能な機種の導入を最小限の費用で利用できるため、使用する期間と総支払額を比較した上で、利用期間が短かったり使用機会が少ないようなら購入よりもレンタルを活用するようにしましょう。レンタルを利用すると全額経費として計上できるメリットを持っています。固定資産として登録されないため減価償却など付随する手続きを省く事が可能です。