コピー機のレンタルは、契約者は個人または法人で審査もなく、途中解約も可能で(通常は3ヶ月から2年程度)す。初期費用がかかったり選べる機種は少ないですが、短期間からの利用も出来るのが魅力です。リースだと5年から7年の長期契約が一般的で途中で解約すると解約金とリース残債が発生しますがそれがありません。例えば60ヶ月のリースで10ヶ月目で解約すると、残り50ヶ月分のリース料金の支払いと解約金2ヶ月分を支払うことになります。

長期で複合機などを利用するかわからないときは、リースよりもレンタルのコピー機の方がおすすめです。リースだともし会社が倒産すると連帯保証人が金額を負担しないといけません。7割以上の企業がでリース契約をしてますが最初にしっかり考えてから契約を進めたほうがいいです。契約期間が短いと新規に法人を始める人や新規事業を行う個人事業主でも、手軽に導入可能で幅広い利用者が使えます。

新規で事業を始める人や副業をする人が増えてますが、業種によって違いますが仕事をするときには複合機などは必要で、コピー機のレンタルなら個人でも手軽に借りることが出来ます。家電量販店で売っている卓上インクジェットプリンターでも使えますが、インクジェットプリンターとレーザープリンターだと印刷の品質が違います。リースだと高額料金の契約なので連帯保証人をつけて審査もあり、個人のローンと同じような感じで契約書もかなり分厚く場合によっては審査が通らないこともあります。長期間で高額な契約ではないので、審査もなく簡単に導入出来て問い合わせから導入までもスムーズです。