富士ゼロックスは日本を代表する企業です。かなり古い人はコピー機のことを、ゼロックスと呼んでいたくらい富士ゼロックスは複写機として有名でした。複写機、いわゆるコピー機またプリンターにはトナーが使用されています。トナーは紙に文字や写真をコピーする際に必ず必要なものです。

富士ゼロックスでは、使用済みのトナーカートリッジを無料で回収しており、自社内で再生しゼロックス社製の製品に再利用しています。きわめて地球環境に優しいビジネスをしていると言えます。定期的に来社するゼロックスのメンテナンスサービスマンへ渡しても良いでしょう。カートリッジを購入した時の梱包材に入れて手渡すのが一般的です。

この企業では使用済みのトナーカートリッジを部品単位まで分解、洗浄しています。その中で、まだ完全に使えるといったレベルの部品だけを新しいコピー機などの製品へ再利用しています。このような再資源化によって、環境への負荷が低減されていくのです。これは商品の企画段階から、最終的なリサイクルの過程まで、一貫したものづくりとして捉え、資源循環システムを構築しています。

地道な活動ですが、世界的な二酸化炭素低減のため、地球の環境負荷は大きく削減されていきます。海外の企業は同じシステムを取り入れているところもありますが、主に欧米企業でありアジアの企業では少ないのが現状です。日本はそのような活動を行く最先端の国です。また環境技術が世界的に突出した技術大国でもあります。

富士ゼロックスはその日本を代表する企業でもありますので、今後のさらなる取り組みが期待されます。