オフィスでの業務をするうえで必要不可欠ともいえるコピー機は、現金購入ではなくリース契約での導入を検討するケースは実に多いです。まだ未経験であればコピー機をリースしてから、その後の流れなども気になります。業務に取り入れて便利に使っている期間は良いですが、やがて来るのは契約終了時期だからです。一般的な流れで見ると契約満期となれば、使用をしていた機器を返却することになります。

しかし契約自体を完全に終了となれば、これまで快適な利用のできていたOA機器がオフィスから消えますから、業務上の効率に関しては不安になるばかりです。近くのコンビニまで、毎回印刷に走るのは効率が悪いです。作業効率に関しても業務への支障に関しても、確かに完全な契約終了だと不利になることはあります。しかし契約が満期になるとき、その後はどうするのかといった選択肢があるので大丈夫です。

最初に契約期間を決定して使い始めることになりますが、当初の契約時期が来ても再契約をして継続して使うこともできます。不安の要素が消えるのは、契約満期時期になっても、コピー機は再リース契約ができるということです。しかも再び契約をする事で、料金はだいたいこれまでの10分の1程度になります。つまり長く使えば使うほど、支払うべき金額は減るということです。

既に使い慣れたOA機器ですから、新たな設定や使用方法を習得する必要もなく、料金も安くなるなら言うことはありません。