印刷をした枚数をカウントして、使った分だけ課金をされる仕組みが、リースするコピー機にはあります。これはカウンター料金と呼ばれるシステムであり、最低基本料の設定もされているため、もしも使わなくても基本料はかかるわけです。相場はメーカーごとに異なるため、最低基本料金もカウンタ料金も比較をした上で決めることになります。コピー機のリースをする際に必要となるカウンター保守契約は、利用者にとっても助かるサービスです。

機器を使用すればいつかは不具合が生じることがありますから、修理をする必要も出てきます。そうした修理をするにしても、また部品交換が必要な時にも、トナー交換などのメンテナンス費用も無料です。タダになるのはカウンター料金を、カウンター保守契約を結び支払いをするからできることであり、もしも契約をしなければ別途修理費やメンテナンス費用が発生をしてしまいます。基本的にコピー機のリース契約は、数日や数ヵ月ではなく年単位での契約です。

長期的な機器の使用を考えると、何かあった際にもこうした契約を結んでおいて損はありません。ただし極端に毎月の印刷数が少ない場合は、最低基本料金はそれでも発生をするので、利用に対してもったいなさを感じることがあります。しかしそれを上回る利点があるのもコピー機のリース契約であり、印刷枚数が多い企業であれば、それだけランニングコストを賢く抑えることができるためです。日々の業務でたくさんの印刷をするなら、カウンター保守契約を結んでのコピー機リースはプラスの面が多くなります。