導入をしたら終わりではなく、使い始めたらその後のケアも必要になるのがOA機器です。業務で活躍をするコピー機は、リースでの契約をする企業は大変多く、万全のアフターフォローがあります。日々の業務は可能な限り効率化を目指し、無駄なものは省いて業績を上げていく、これは右肩上がりの企業によくみられる光景です。不要な手間はできるだけ省いて、売り上げを向上させるために従業員が業務に取り組めるようにするにも、コピー機をリースするのは良い選択になります。

ランニングコストをできるだけ抑えたい、その考えから選ぶのであれば選択肢は購入です。自社で気に入ったOA機器を買う事で、所有権は自社にありますし契約をしての面倒な手続きもありません。一般家庭で使うような割とコンパクトな、必要最低限の機能付きの機器とは異なり、オフィスで稼働をする機器は大型です。様々な機能性にも富んでいて、1つでいくつもの機能を発揮させるものもあります。

自由度が高くいつまでも自社で使えるのは購入の良い部分ですが、最初に投資をする初期費用はとても高いです。それは家庭用とは異なり、業務用ともなれば多くの機能付きで大型、すべての面でハイスペックであるため、費用は安くはありません。こうした面を考えるとコピー機は、自社での購入よりも選びたいと考えるのはリース契約です。購入であればその後のサポートはないものの、コピー機のリース契約なら契約終了まで手厚いアフターフォローを受けることができます。