コピー機のリースとは、自前で購入するのではなく借りて使うことです。予め契約を結んだ上で、毎月一定金額の利用料を支払うことでそのコピー機を借りて自分の自由に使うことができます。契約期間が過ぎれば返却することになるわけです。このようなリースは別にコピー機だけではなく、主として企業が必要とするようなもので、いわゆる消耗品ではなくある程度の耐久性があるようなものであればどんなものであっても可能性があります。

パソコンやタブレット端末などもそうですし、カーリースという名称もごく普通に使われているように営業車など業務用の車についても当てはまります。企業であればそれなりに資金力もあるだろうし、借りるなどけち臭いことをせずに堂々と自分のお金で購入すれば良いのではないかと思われるかもしれませんが、この考えは必ずしも当てはまりません。相当程度に規模が大きく、優良とされているような会社であっても、会社の規模と比較すると手元にあるキャッシュは限られている場合が多く、むしろ少しでもお金があれば本来の経営というか事業運営に回したいと考えるのが普通の姿です。また、税制面でもこれを下支えするような仕組みが出来上がっています。

つまり、自前で購入するよりも、借りて使うことのほうが税金面で優遇されることが多くなっており、これも企業がリースを選択することが多い理由の一つになっているのです。なおこれは基本的に企業だけであり、個人に関してはあまり当てはまりません。