コピー機をリースする際、ただ単に機種を借りるだけではありません。もちろん本体を借りる契約だけを結ぶこともできますが、大抵は保守契約を結んでその後のトラブルに備えます。保守契約が含まれるとトータル費用が少し高めになるため、無いほうが良いと考えるケースもあります。しかし、故障が発生した時に保守契約が結ばれていないと、自力で修理をすることになって余計に高くつきますので、結んでおいた方が安く済んだと後悔することになるかもしれません。

具体的にコピー機のリース契約で用意されている保守についてですが、カウンター保守という形はよく採用されています。カウンター保守とは、使った枚数で費用を計上するものであり、モノクロとカラーに分けてカウントされます。枚数が多いと高くなり、少ないと安くなるというのは共通ですが、一枚あたりの費用に関してはリース会社によって異なるため、一枚あたりの価格を安く設定している業者を探すのがお勧めです。近年は競争が激化していますので、このあたりの料金も各社が企業努力によって下げていて、かなり安く利用できるケースもあるようです。

キット保守という形式もあり、これはコピー機を使っていくうちに消耗されるトナーを購入する形となっています。トナーは高めではありますが、利用頻度が低い会社ではめったに無くならず、ほとんどの月は基本料金のみで使い続けることができます。通常料金のみなら安価ですので、経費対策として良い選択です。