損をしないために覚えておきたいのが、コピー機をリースする際に検討される保守契約です。基本的に契約を結ぶこと自体は必須ですが、一種類ではありませんので、どのタイプにしたら良いのかで頭を悩ませます。選ぶ保守契約によって特典が異なり、決める前に内容をきちんと把握しておく必要があります。いずれにしてもついてくるのは故障時の修理であり、これはとても重要です。

コピー機の見た目から頑丈そうに思えますので修理が発生することは少ないと考えてしまいますが、実際には精密機器であるためよくトラブルが発生しますので、修理に関してのサポートが含まれるのはとても良いことです。選ばれることの多いトナー保守では、リース契約の中にトナー代も含まれていますので、無くなったら自分達で用意する必要がなく、必要に応じて届けてくれます。トナーは頻繁に使っている会社ではすぐに無くなってしまいますので逐一届けてもらうために連絡を入れるのは面倒ですが、最近のコピー機は減ってくると自動で連絡を入れるようになっており、その通知をメールで知らせてくれます。ですから、リース契約を結んだ会社は待っていれば届くので便利です。

リースをする時に保守契約がないと不安だという理由でスポット保守を結んでしまった場合、期待しているようなサービスを受けられない可能性があります。他の保守契約と違っていて、修理が必要になった時に有償で行われるため、日々の業務で使うにはリスクがあります。