コピー機のリース契約をしていて満了を迎えた時、いくつかの選択肢が用意されています。一つはリースしていたコピー機を再びリースするという方法であり、現在特に問題を抱えていないのであればこの方法でも良いかもしれません。心配なこととしては、経年劣化によって不具合が発生する可能性が高くなっており、次の満了を迎えるまで使い続けることができないケースもあるという点です。使い勝手が良くても故障してしまうと厄介ですので、リスク管理として満了を迎えたら別の機種に入れ替える方法をとっている会社も少なくありません。

今後どのくらい使い続けることができそうかが知りたい時には、業者に相談してみましょう。満了後は買い取ることも可能です。一般的に複合コピー機は非常に高額なのですが、既に契約を終えたものを買い取る場合にはかなり安くしてくれるため、買取も不可能ではありません。まずはいくらで買い取ることができるのかを調べ、費用対効果についてもしっかりと計算します。

会社での利用頻度が高くて業務に貢献している場合には、買い取って使い続けるのも悪くありません。王道の方法としては、新しい複合コピー機をリースするのが一般的です。入れ替えということで新たな機種の操作方法について学ばなければなりませんが、使い勝手は格段に上がっているはずですので、業務を更に効率化できる可能性があります。新機種の特徴については、提案時に説明してくれます。