小型船舶免許でどんな船舶が運転できるのか

小型船舶免許を取得する前にどのような船を運転するときに必要になるのかを理解しておくと、免許を取得するときのモチベーションに繋がっていくと考えられます。小型船舶は総トン数20トン未満の船舶が該当してきますが、総トン数20トン以上のプレジャーボートでも一人で操縦を行う構造であり、長さが24メートル未満であってスポーツやレクリエーションのみに用いられるものであれば小型船舶に該当するような特徴があります。趣味で使う範囲で漁船や旅客船といった業務に用いられないものである必要がありますから、プライベートで普通に運転するのであれば小型船舶免許で対応することが可能です。湖や川でだけ運転できるようになる免許も用意されていますが、その免許を取得したとしても海では運転することはできませんから、基本的に広範囲で運転をしたいと考えている場合は普通の小型船舶免許を取得しておいたほうが安心できます。

普通のボートとジェットスキーなどの乗り物は別物の扱いになっていますから、基本的にはジェットスキーも乗りたい場合は特殊小型船舶操縦免許証を取得しないといけないです。いろいろと免許には種類がありますが、教習所を利用することによってどのような免許が必要となるのかを簡単に把握するようなことができます。近場で軽くボートを運転して楽しみたいような場合は、2級小型船舶免許を取得すれば基本的には問題なく楽しむことが可能です。2級の小型船舶免許を取得することによって1級の免許取得もするときに必要となる知識をある程度は持っているような状態になりますから、スムーズに1級も取得していけるようになれます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*