小型船舶免許の取得の流れ

小型船舶免許を取得すると船釣りや遊覧など、船のレジャーを楽しめます。自分で小型船舶を操縦できるようになるのも嬉しい点です。操縦エリアは、沿岸区域に限られますが、沿岸より5海里以内であれば小型船舶を自由に操縦できます。また、小型船舶免許取得者は、20トン未満の船に限り操縦可能といったルールもあります。

免許には、1級と2級があり、2級免許の場合、満16歳以上でなければ取得することはできません。また、免許取得時には、学科講習や実技講習を受けるほか、国家試験も合格する必要があります。学科講習では、小型船舶操縦者の心得などを学ぶだけでなく運航や交通の方法など様々な知識を身につけることが求められます。さらに実技講習では、操縦スキルを上げるために実際にボートに乗り技術を身につけていきます。

実際にボートに乗り、操船技術をマスターするだけでなく、点検方法を学ぶなど数多くの知識を得なければいけません。実技講習で使用する船は、国家試験で使用するものと同型です。そのため、試験に向けてしっかりと対策することができるでしょう。学科講習と実技講習を受けた後は、小型船舶免許を取得するために必要な国家試験が待ち構えています。

小型船舶免許の国家資格は、身体検査や学科試験のほか、実技試験も用意されています。学科試験はマークシート方式になっており、50問中33問正解すると合格です。さらに実技試験では、実際に船を操縦し免許取得に必要なスキルを身につけているかを確認した上で合格判定が出されます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*