安全に海でボートを運転するには小型船舶免許が必要

海などで乗ることができる乗り物はいろいろとありますが、乗り物の種類によって乗船するときに必要となる条件に違いがあります。手漕ぎボートであれば基本的に免許を持っていないような人でも乗ることができますから、誰でもすぐに挑戦をすることができます。小型のゴムボートに基準を下回るようなエンジンを搭載しているような場合も、免許を取得することなく出船をすることは可能です。ただ穏やかな湖などで使用するのがメインの手漕ぎボートや小さいゴムボートではなく、海で通常のボートに乗りたい場合は小型船舶免許を取得しないといけませんから、早めにボートスクールを探さないといけません。

ボートスクールは全国的にありますから、基本的には誰でも資格を取得することができます。小型船舶免許の制度は途中で変更されるようなこともありますから、基本的には早めに制度の内容が変わったりしていないか定期的に確認をしておかないといけないです。一度取得をして終わりではなく途中で更新をすることになりますから、大体の場合は更新のタイミングで制度の変更などについても学ぶことになります。自動車の免許証のように小型船舶免許の場合も免許証が発行されますが、実際にボートを運転するときは免許証を携帯しておかないといけないです。

自動車の場合もお酒を飲みながら運転をするのは禁止されていますが、海でも飲酒運転は禁止されていたりしますから、その点についてもボートスクールでは学ぶことになります。人に危害を加えたりすることに繋がった場合は、普通に逮捕されることもありますから、小型船舶免許を取得しても安全に運転しないといけないです。小型船舶免許のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*