クルーザーやヨットの操縦に必要な小型船舶免許とは

クルーザーやヨットを操縦するためには小型船舶免許を取得しなければなりません。この免許は20トン未満の船舶用に設けられており、航行範囲ごとに1級と2級に分類されます。1級は海岸から100海里未満の海域の航行が認められており、全海域での航行が可能となります。2級は、海岸から5海里と平水区域までの航行が可能となります。

また、これに加えて水上バイク用に設けられた特殊小型船舶免許という資格もあります。この免許は水上バイク専用なので、1級と2級を持っている人も取得が義務付けられています。小型船舶免許の教習については、教習所や免許スクールで受講できます。教習では学科と実技を学びますが、学科についてはオンラインで受講できるプランを用意しているスクールもあります。

また、一部の国土交通省認定スクールなら国家試験免除での取得も可能となっています。認定スクールでは規定のカリキュラムを修了した後に、教習と同じ場所で行われる修了試験を受けます。国家試験は全国にあるマリーナやハーバーなどで行われており、日程が決まっているので希望日を選んで申込みを行います。国家試験や修了試験に合格したら合格証明書が発行されるので、必要書類を揃えて免許の交付申請を行います。

申請からしばらくすると免許が交付されるので、これを受け取ったら小型船舶の操縦が可能となります。小型船舶免許は5年間の有効期限が設けられているので、継続して操縦を行うなら5年毎に更新講習を受けて更新手続きを行う必要があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*