船舶免許を取るにはどうしたらよいか

船舶免許には1級と2級の小型船舶免許と湖川小出力限定免許と特殊小型船舶免許の4種類があります。乗り物の大きさや排気量などで区分けする車やバイクの免許の種類と異なり、基本的には海や川や湖や陸からの海里という距離で区分されるのです。そのため目的や用途に合ったものを選ぶ事が重要になってきます。免許の学校で学科講習や実技講習を受講して国家試験を受験する方法があります。

免許の学校は試験合格に向けて独自の内容で講習を行い、講習日程や費用は各学校によって違いがありますが、登録小型船舶教習所より免許取得までの日数や費用が少なくなる場合が多いので気をつけなければなりません。国土交通省に登録されている小型船舶教習所に入校して免許取得を目指します。一定期間講習を受講した後、国家試験と同等の内容の学科及び実技修了試験を受験して、合格すれば国家試験の学科と実技が免除されます。また、免許の学校や登録小型船舶教習所に通わず独学で勉強して国家試験を受験する方法があります。

学科については独学でも勉強可能ですが、実技はボートや講師など指導を受ける必要性があるため、実技だけは免許学校などで受講する事が必須となってしまうようです。取得方法が決まったら希望する教習所に問い合わせて申し込みをし、そのあとは学科や実技の講習の受講日や国家試験受験日など複数の日程を決める必要があります。講習が全て完了した後はいよいよお待ちかねの国家試験の受験です。焦らずゆっくりと落ち着いて受験しましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*