3種類の船舶免許取得可能な年齢

船舶免許1級は航行区域の制限がないため、世界の海を航行できる点が特徴です。ただ海岸から100海里超えの区域を航行する動力船である場合、6級海技士以上の資格を有した機関長の乗船が必須条件です。同免許はクルーザー及び外洋ヨットの、小型船船長として使用範囲の広い点が特徴です。船舶免許は総トン数20トン未満、並びに長さ24メートル未満の船舶が該当します。

なお水上オートバイ及びジェットスキーは該当しません。2級免許の操縦範囲は海岸から、約9キロメートルまでに限られた船長免許です。釣りとモーターボートなどを楽しむためには、必須の免許であり欠かすことはできません。特殊免許の船長免許は、水上オートバイ並びにジェットスキー専用です。

航行区域は陸岸から、約3.7キロメートルまでと定められています。また新1級或いは新2級免許で、水上オートバイ及びジェットスキーの操縦はできません。船舶免許が取得できる年齢は1級免許が17歳9ヶ月、2級免許は15歳9ヶ月で水上バイク免許は15歳9ヶ月か月など。2級免許の第2号限定である場合は16歳で免許取得が可能ですが、5海里以内の水上バイクを除いた総トン数5トン以下の船舶に限定されます。

さらに2級免許の第1号限定である場合、大2号指定と同様に免許取得が可能です。ただ湖川と一部海域の水上バイクを除いた、総トン数5トン以下機関出力が15キロワット未満に限定されます。そして資格取得までの教習期間は1級免許が4日間、2級免許は2日間で水上バイク免許が1.5日間程度必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*