船舶免許で成り立つ仕組みについて

船舶免許を持っている人は少ないです。試験自体はけして難しくないですが、船の購入や停泊料などの金銭的なものが関係してきますから、経済的なことを勘案して船舶免許所持が少ないと言っていいです。広大で魅力ある海の上を操縦することは楽しいことであり、日頃のストレスを解消してくれますからいいのです。このようなメリットばかりだと趣味として船舶免許を持っていてもいいのではないかと考えます。

人それぞれ考えかたや、価値観が違いますから一概に言えるものではないです。自分だけの世界観に浸りたいために操縦しているかもしれません。海にはロマンを感じますからいろいろな方向性や観点があってけっこうです。自分がいかにして有効的に使っていくかになってきます。

その考え方を示すものとして日頃の生活がいかされていくのでしょう。仕事に活かすことはあまりないかもしれませんが、目に見ないところでもしかしたら活かされているかもしれません。いずれにせよ時間を有効に使って有意義にあるやり方に持っていった方がいいです。まずは自分がどのようにしていうのかを考えることになります。

意味のある考え方にしていけないといけません。つまり意味のある考え方や方向性になります。人によって価値観は変わってきますので、人の意見によって惑わされることがないようにしましょう。自分の意見を通すことも大切ですが、人のい意見や提案にもじっくり耳を傾けて下さった方がいいです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*