船舶免許の種類と特徴を教えて

風で動かすためには、船舶免許が必要になりますが、この船舶免許にはいったいどのような種類があるでしょうか。大きく分けて2種類あり、1級免許と2級免許があります。この違いは、一級免許のほうは遠くまで船を出すことができることです。具体的な数字で言えば、2級免許を取得した場合、沖合まで出ることができますが陸地から5海里つまりおよそ9キロメートルしか離れてはいけないと言うことです。

もっとも、釣りをする場合であっても遊ぶ場合であっても、10キロメートルを離れなくても問題なくできるため、大抵の場合2級免許で問題ありません。よくある例は東京湾や相模湾あるいは大阪湾などで釣りやクルージングのようなことをすることです。では1級船舶免許の場合どのようなことができるかと言えば、それ以上広いとこまで出ることができます。例えば太平洋でグアムまで行くことや小笠原諸島などに行くことあるいは沖縄に行くことができるわけです。

それならば1級船舶を取得した方が良いと言う人もいますが、試験の難易度が高くなりますので注意が必要です。難易度が高いといっても、国家試験の司法書士試験や司法試験がどのような難しさもなくあくまで免許と言うことで、ある程度難しいけども、特別難しくないと言うことになります。2級免許と比べたとき難しいと言うだけで、何年もかけて受験するようなものではなく数日から数10日で合格できますので、興味がある人は受けてみましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*